事業承継の箱

株式会社エイチ・エーエルの太田です。2018年1月より「事業承継」に関する内容を完全日刊で更新いたします。

習慣化する

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

昨日の午後から関東地方は大雪です。

写真は、大宮駅です。

f:id:halotaconsulting:20180123065648j:plain

大雪でもブログは完全日刊。

先週「目標達成」に関するセミナーを受けました。

その中で、目標を達成するには、

・目的を定めること

・やるべきことを決めること

・習慣化すること

の3つの話がありました。

歯磨きのように、習慣化すること。

 

後継者の事業承継も同じ。

何のために事業を行うか。今後やるべきことは何か。

そしてそれを徹底すること。

習慣化する何かを見つけることで、

自分が決めた目標を達成することが可能になると思います。

 

www.hal-j.co.jp

広告を非表示にする

伝えなければ伝わらない

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

昨日は日曜日。御徒町のラーメン屋で美味しいラーメンを頂き、東京営業所で仕事。夜からセミナーを聞きに行きました。

サービス業の仕入れは、勉強です。

 

それはさておき、表題の件。

今日行ったラーメン屋のコンセプトは「鴨」と「葱」と「水」。

この3つにとことんこだわっています。カウンターの前にはそのこだわりの説明書きが。その説明書きを見ることで、私達も何にこだわっているかがわかります。

 

事業承継も同じようなもので、

きっと伝えなければ、伝わらないのだと思います。

 

社員だから、後継者だから、会社のとを知っているかというと、そんなことは無いようにも思います。社歴3年目の方は3年の範囲で会社を見ています。

 

経営者が後継者に伝えること。「昔は良かった」という懐古主義ではなく、昔からチャレンジしてきた歴史を次につなげるという意味で。

 

www.hal-j.co.jp

決算書は身だしなみ

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

昨日は、草加商工会議所と獨協大学のコラボ企画「ビジネススクール」で、登壇いたしました。
内容は、決算書分析。

昨日の受講者は、後継者と経営者が混ざっていました。経営者の方も後継者の方もきっちり決算書を分析しており、月次決算もやっているとのこと。
素晴らしいです。


「決算書や銀行対応は経営者と奥様が担当していて、後継者は情報すら共有されない」
そんな会社もあります。

そんな状況もあって、いつもの「決算書の見方セミナー」よりも少し難しめに話をしました。

例えば、総資本対経常利益率ROA)も、いつもは説明しませんが、昨日は説明しました。
お金を集めるのにはコストがかかるということ、そのコスト以上の利益を上げていこう。

売上債権回転期間は、自社のビジネスモデルから生み出される日数との比較で考えること。
回転期間が高すぎる場合は、経営状況が良いのではなく、何かがおかしい可能性があることなど。

短い時間で、いろんな話をしました。

決算書は身だしなみ
後継者の方は、きっちり勉強する必要があります。そんな機会はたくさんあります。

株式会社エイチ・エーエル

広告を非表示にする

息子さんの一言が聞きたい

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

先日の話。ある会社への初訪問。
応対してくださったのは、70歳代の会長と、40歳代のご子息で社長。
短い時間の中で会社の状況を一生懸命お伝えいただきました。

しかし、思いました。
話のほぼ99.9%が会長のお話。
10年先経営しているのは間違いなく、ご子息の社長。

であれば、社長のお言葉が聞きたかったなと。
金融機関の担当もそう思うはずです。
特に債務償還年数が20年を超えているような会社であれば、
間違いなく返済するのは社長です。

先日の打合せでは、自分の年齢と、従業員数だけしか口を割ることは無かった。
でも、そんな状況になるのは、会長がしゃべりすぎるからかもしれません。

お会いできるかどうかは分かりませんが、次会ったら、もっと話してもらいたい。
そんなことを思いました。

株式会社エイチ・エーエル

九訓

徳川吉宗の思想家、儒教家である荻生徂徠の九訓
日本の経営学の祖(おや)とも言われるからです。昨日の飲み会で、ある経営者の方より教えていただきました。
事業承継時にきっと参考になると思い、掲載させていただきます。

一、 人の長所を初めより知らんと求むべからず、人を用いて初めて長所の現わるるものなり。

(訳)人の長所を始めから知ろうとしてはいけない。人と一緒に仕事をして、使ってみて始めて長所が現れるものである。

二、 人はその長所のみを取らば、すなわち可なり。短所を知るは要せず。

(訳)人はその長所のみをとればよい。短所を知る必要はない。
長所だけ見ることはとても大切なことです。

三、 おのれが好みに合う者のみを用うるなかれ。

(訳)自分の好みに合う者だけを採用、登用するな。
自分に注意してくれる人、違った見方をしてくれる人はとっても重要な人物になることでしょう。

四、 小過をとがむるなかれ。ただ事を大切になさば可なり。

(訳)小さい過ちをとがめる必要はない。ただ仕事を大切にすればよいのだ。

五、 用うる上は信頼し、十分にゆだねるべし。

(訳)人を用いる上で、人を信頼して、その仕事を十分に委せよ。

六、 上にある者、下にある者と才知を争う事なかれ。

(訳)上にある者は、下の者と才智を争ってはいけない。最近は部下の方が、その仕事のプロだったりしますね。

七、 人材は必ず一癖あるものと知るべし。ただし、その癖は器材なるがゆえに、癖を捨てるべからず。

(訳)人は必ず一癖あるものである。それはその人が特徴のある器であるからである。癖を捨ててはいけない。 癖は特徴で良いずば抜けたところにもなるからである。

八、 かくして、上手に人を用うれば事に適し、時に応ずる人物、必ずこれにあり。

(訳)以上に着眼して、良く用いれば、事に適し、時に応じる程の人物は必ずいるものである。

九、 小事を気にせず、流れる雲のごとし。

広告を非表示にする

事業承継自己診断チェックシート

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

今日も、国の資料のご紹介です。
事業承継自己診断チェックシート」というものがあります。

詳しくは、こちら でご確認ください。

出典は、ある県の事業引継ぎ支援センターのホームページ。
これに記載していただき、相談に来てほしいという流れを狙っているのでしょう。
短い時間で簡単に答えられるというのは良いと思います。

しかし、一つ思うところがあります。
上記のチェックシートは、中小企業庁事業承継ガイドライン」によるものです。

事業承継ガイドラインは、こちら
この92ページにあります。

そして、92ページにあって、県のホームページに無い質問が、Q1とQ2です。2つ削っています。
特にQ1が大切だと思っているのですが、県のホームページにありません。
92ページの質問は9つ、県のホームページの質問は7つです。

「7つ」と「9つ」は、心理的に受ける印象が違います。
8つを超えると、ひと目で見れる範囲を超えてしまうので、急に多く感じるものです。
そんなところまで意識したかどうかは分かりませんが、、、

株式会社エイチ・エーエル

強みにとるか、弱みにとるか

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

先日ある企業様に訪問した時の話です。
先代の創業社長がカリスマ性があって事業を伸ばしてきたものの、引退し、息子3名に承継。
長男が代表取締役、次男が専務、三男が工場長。

でも3兄弟があまり仲が宜しくなく、
個別にヒアリングすると、お父様が立ち上げた会社を残そうという意思は共通でもっているものの、口を開けば残りの2人への不満が出る状況。
業績も時代の波もあって徐々に悪化。

さて、この状態は「強み」なのだろうか、「弱み」なのだろうか。
3兄弟が仲たがいしてい状況は「弱み」です。
でも3兄弟が会社を残そうと共通認識を持っていることは「強み」です。

結論としては、3兄弟が力を合わせる必要があります。

でも、強みからアプローチするか、弱みからアプローチするかは、
支援者の個性と、事業者の個性によって変わってきます。

この場合、自分の場合は、どちらかというと「強み」を強調します。
なぜなら、強みを機会に投入して業績を上げていくからです。

株式会社エイチ・エーエル